がんを治療する

ナースステーション

樹状細胞療法は現在広く行なわれている免疫療法の一つです。樹状細胞療法を始めとする免疫療法では、多くの場合体内から取り出した細胞を体の外で培養して再び体の中へ戻します。このようなプロセスを踏むことで、より免疫を活性化出来るとされているのです。がんに罹っている場合、体内の様々な免疫機能は言わば休眠状態に陥っています。体外で培養された免疫細胞を戻すことで、眠っている体内の免疫細胞にも刺激を与えて、がんへの抵抗力を増加させようといういうのがこうした免疫療法の狙いなのです。ですので、今後はこのような体内の免疫細胞をいかに効率良く活性化させるかといったことが、樹状細胞療法を始めとする免疫療法の大きなテーマとなるでしょう。

樹状細胞療法では、がんの特徴を免疫細胞に覚えさせることを目的としています。こうした方法が効果を発揮するケースがあるのは事実です。ですが、時に樹状細胞療法のみでは十分な結果が得られない場合もあります。がん細胞は生き残るために様々な力を駆使して抵抗してきますので、そうした力に対抗するためには様々な方向からアプローチしていくことが必要になるのです。特に転移したがんの場合には、がん細胞の目印が異なることもあり、樹状細胞療法に他の療法を組み合わせて治療していくことが求められます。効率良くがん細胞を攻撃するためには、休眠状態にある免疫細胞をより活性化させる治療も合わせて行なっていくことが重要となるのです。